オレンジ 清見

果肉がやわらかく多汁で、まろやかな甘みです。 ui-state-disabled:active,html. 果実は扁球形で200g程度。 特徴 清見オレンジは、日本でなじみある温州ミカンと世界で最も有名なオレンジを掛け合わせたサラブレッド品種で、夢の柑橘と言われています。

1
オレンジ 清見

西日本の比較的乾燥する地域が栽培に適していることから、西日本の「西」をとり、この名が付きました。 栄養 ビタミンCが多く、ビタミンA・ビタミンEも含み、また、食物繊維も豊富です。 その外観から「輝きタンゴール」や「星タンゴール」などとも呼ばれます。

14
オレンジ 清見

手に持ってみて 色が濃い橙色でヘタの部分に青みが残っているものを選びます。 清見という名前は、誕生地の静岡県清水市興津にある清見潟と、それを見下ろす清見(せいけん)寺というお寺からとられました。 清見オレンジはオレンジのように外皮が固いため、以下の手順で包丁を使ってくし形に切ってから皮を剥くのがおすすめです。

2
オレンジ 清見

糖度が高めでほどよい酸味があり、果肉はやわらかくて果汁が豊富。 本記事ではおせち料理に使われる野菜に[…]• ミカン類の英名「タンジェリン(tangerine)」と「オレンジ(orange)」の頭の文字を合わせて「タンゴール(tangor)」となったそうです。 日本で育成・公表された最初のタンゴールであり、その交配から命名登録までには実に31年間を要した。

19
オレンジ 清見

それから出荷直前まで樹上で生らせることで深みのある味わいの果実へと成熟されます。 収穫は4月初旬辺りまでですが、定温貯蔵されるものもあるので出回るのは5月頃まで続きます。 1月中旬から2月が旬。

オレンジ 清見

種子は2~3個入ることもありますが、おおむね種無しです。 こちらは外皮が付いたままの状態で切って、食べる際に外皮を外す切り方ですが、カットする手間が少ない上に食べやすいので試してみてください。 セキュリティ面よりクレジットカードの情報を長期間お預かりすることが難しいためご理解、ご了承下さいませ。

2
オレンジ 清見

露地は3月下旬~4月。

6
オレンジ 清見

味はまさに温州みかんの味に、オレンジの香りといったところです。 1990年に登録された品種。 ただし、皮はむきにくいのでナイフでカットして食べるのに適しています。

11
オレンジ 清見

清見の特徴 「清見(きよみ)」は温州みかんの「宮川早生」と「トロビタオレンジ」の交雑種です。

13