カムイ 230 ゴールデン

すると背後から何者かが銃撃してくる。 北海道から樺太まで長い時間を過ごしましてきましたから、元々優しい谷垣にはどう考えても厳しいミッション。

15
カムイ 230 ゴールデン

谷垣は信用してもいいものか迷い、動こうとしなかった。 「これが月島ニシパの正義なら私から殺しなさい」 マッちゃんカッコいいです! するとその時、家永が登場し月島の首に何かを注射しました。

9
カムイ 230 ゴールデン

その頃、谷垣の妻であるインカラマッは、お腹の子どもが9か月になり、いつ産まれてもおかしくないような状態となっていた。 しかし身重のインカラマッを見て、すぐにその選択は出来ないと悟り、ピストルの銃口を扉に向けて構える。

カムイ 230 ゴールデン

しかし谷垣が来てしまった。

4
カムイ 230 ゴールデン

杉元一味 歌志内(空知川周辺)• 「その程度で許すはずがない 今までの鯉登少尉なら」 ドオオン 病棟から銃弾が放たれる。 月島の打った銃弾がかすったようです。

10
カムイ 230 ゴールデン

そんなインカラマッの言葉に聞く耳を持たず、小屋の外に出る谷垣でしたが、小屋の外で月島が待ち受けていたのでした。 しかし直後に陣痛に苦しみ始める。 1対1ならば確実に谷垣が負けていたでしょうが、家永の打った薬のおかげで軍曹は倒れます。

カムイ 230 ゴールデン

窓から逃げるにもここは2階、身重のインカラマッを考えると不可能な選択です。

15
カムイ 230 ゴールデン

229話では、家永が 妊婦だった母の姿を追い求めていたことが明らかに。

18
カムイ 230 ゴールデン

大きなお腹はもう9ヵ月だそうです。

12