歌詞 不協和音

コミュニティ内における多数派の意見に同調せず反論をすることは、周囲の評判を悪くします。 不和・不一致という意味なので、他人と調和しないことを強く肯定しています。 2019年4月16日閲覧。

19
歌詞 不協和音

アーティストのパフォーマンスを観て、 このようなことになったのは初めてでした。 公式の見解ではありませんのでご了承ください。 僕 boku は ha 嫌 iya だ da 不協和音 fukyouwaon を wo 僕 boku は ha 恐 oso れたりしない retarishinai 嫌 kira われたって waretatte 僕 boku には niha 僕 boku の no 正義 seigi があるんだ gaarunda 殴 nagu ればいいさ rebaiisa 一度 ichido 妥協 dakyou したら shitara 死 shi んだも ndamo 同然 douzen 支配 shihai したいなら shitainara 僕 boku を wo 倒 tao してから shitekara 行 i けよ keyo! 最後の決めポーズの所で、 ゲストでパフォーマンスをしていた内村光良の隣にいた鈴本が倒れこみ、 平手も小刻みに震えながらふらついていました。

4
歌詞 不協和音

ああ aa 調和 chouwa だけじゃ dakeja 危険 kiken だ da ああ aa まさか masaka 自由 jiyuu はいけないことか haikenaikotoka 人 hito はそれぞれ hasorezore バラバラ barabara だ da 何 nani か ka 乱 mida すことで sukotode 気 ki づく duku もっと motto 新 atara しい shii 世界 sekai 僕 boku は ha 嫌 iya だ da 不協和音 fukyouwaon で de 既成 kisei 概念 gainen を wo 壊 kowa せ se みんな minna 揃 soro って tte 同 ona じ ji 意見 iken だけではおかしいだろう dakedehaokashiidarou 意思 ishi を wo 貫 tsuranu け ke! しかし今年7月16日、10月で活動を休止すると発表。 僕はYesと言わない 首を縦に振らない まわりの誰もが頷いたとしても 僕はYesと言わない 絶対 沈黙しない 最後の最後まで抵抗し続ける 叫びを押し殺す Oh! 周囲の誰が何と言おうと関係ない と強い決意を持っていた主人公ですが、 それでも仲間に裏切られるというのはショックが大きいはず。 2017年度年間4位() シングル 年表 (2016年) 不協和音 (2017年) (2017年) 目次• 周庭さんは『不協和音』という歌に「叛逆性」が込められているから好きだと私へのインタビューで述べていた。

歌詞 不協和音

9月1日に呼び出しを受けているという。

4
歌詞 不協和音

ああ 調和 ちょうわだけじゃ 危険 きけんだ ああ まさか 自由 じゆうはいけないことか 人 ひとはそれぞれバラバラだ 何 なにか 乱 みだすことで 気 きづく もっと 新 あたらしい 世界 せかい 僕 ぼくは 嫌 いやだ 不協和音 ふきょうわおんで 既成 きせい 概念 がいねんを 壊 こわせ みんな 揃 そろって 同 おなじ 意見 いけんだけではおかしいだろう 意思 いしを 貫 つらぬけ! 君 kimi は haYes と to 言 i うのか unoka 軍門 gunmon に ni 下 kuda るのか runoka 理不尽 rifujin なこととわかっているだろう nakototowakatteirudarou 君 kimi は haYes と to 言 i うのか unoka プライド puraido さえも saemo 捨 su てるか teruka 反論 hanron することに surukotoni 何 nani を wo 怯 obi えるんだ erunda? そのときも『不協和音』が周庭さんの支えになった。 楽曲のコンセプトとして、 「世間体(調和)」vs「自分の個性(不調和)」の対立は存在してそうですね。 」と改めて歌詞の力に感心した人もいた。

1
歌詞 不協和音

僕 ぼくはYesと 言 いわない 首 くびを 縦 たてに 振 ふらない まわりの 誰 だれもが 頷 うなずいたとしても 僕 ぼくはYesと 言 いわない 絶対 ぜったい 沈黙 ちんもくしない 最後 さいごの 最後 さいごまで 抵抗 ていこうし 続 つづける 叫 さけびを 押 おし 殺 ころす Oh! 釈放は11日深夜に行われた。

20
歌詞 不協和音

よって自分の意見が二度と言えないので死んだも同然、という感じでしょうか。

9