季語 蝶

蝶の別名の「夢見鳥」はこの故事に由来する。

季語 蝶

「てふてふ」という言葉を聞いた事はありますか。

季語 蝶

「蝶墜ちて大音響の結氷期」の鑑賞文 【蝶墜ちて大音響の結氷期】は、赤黄男が感じる戦時下の空気感を伝えています。

季語 蝶

体力を消耗した親の蝶は次々に死んでしまうのが普通である。

季語 蝶

平安時代の和歌に始まり明治時代の俳句まで紹介しました。 参考文献 蝶の飛ぶばかり野中の日影かな 芭蕉 「笈日記」 起きよ起きよ我が友にせんぬる(寝る)胡蝶 芭蕉 「己が光」 唐土の俳諧とはんとぶ小蝶 芭蕉 「蕉翁句集 てふの羽の幾度越る塀のやね 芭蕉 「芭蕉句選拾遺」 物好や匂はぬ草にとまる蝶 芭蕉 「都曲」 君や蝶我や荘子が夢心 芭蕉 「芭蕉書簡」 蝶よ蝶よ唐土のはいかい問む 芭蕉 「真蹟画讃」 釣鐘にとまりて眠る胡てふかな 蕪村 「題苑集」 うつゝなきつまみごゝろの胡蝶哉 蕪村 「蕪村句集」 夕風や野川を蝶の越しより 白雄 「白雄句集」 蝶々や順礼の子のおくれがち 子規 「子規全集」 ひらひらと蝶々黄なり水の上 子規 「子規全集」 愁あり歩き慰む蝶の昼 松本たかし 「鷹」 高々と蝶こゆる谷の深さかな 原石鼎 「花影」 浮御堂めぐりて空へ春の蝶 長谷川櫂 「松島」. この歌を詠んだのは壬生忠見という三十六歌仙の一人で、平安時代の村上天皇時代の歌人です。 2点目は結氷期です。

季語 蝶

文学での言及 散りぬれば後はあくたになる花を思ひ知らずもまどふ蝶かな 僧正遍照『古今集』 実証的見解 蝶は、昆虫綱チョウ目のうち蛾目以外に分類される昆虫の総称である。 邪道かも。 俳句は器であることに徹したい。

1