使い方 ストレッチ ポール

床に手の甲を付けようとするがあまり、腕を横に開いて付けやすくしてしまう傾向があります。 基本姿勢をとったら、足の裏を合わせて股を開きます。

4
使い方 ストレッチ ポール

重量:約675g• ここまでが、ポールに仰向けになって行うストレッチに共通するリラックスポジションになります。 その使い方も様々で目的別にエクササイズ法が異なってきます。 うつ伏せになって右脇の下あたりのローラーを置く• この状態から、前腕が床面を滑るように両肩の外転と内転を繰り返します。

9
使い方 ストレッチ ポール

両方の手を天井に向けて前ならえをしていきましょう。 それは筋肉のアンバランスや、普段使っていない筋肉の緊張などから生じるものです。 ポイントは、腕を真っ直ぐに動作させることです。

18
使い方 ストレッチ ポール

悪化してしまうおそれがありますので行わないようにしてください。 猫背になるとバストが垂れやすくなる 女性の象徴であるバストは、猫背ではなくても日々重力の影響や老化とともに、何もしなければ垂れていきます。 使う時は、縫い目がお尻側にくるようにしましょう。

8
使い方 ストレッチ ポール

あくまで太もも付け根のストレッチなので、足首だけが先行して動作しないように注意して下さい。

使い方 ストレッチ ポール

そこで、ストレッチポールを使って筋膜をほぐしてあげることによって本来の健康な体を取り戻していきましょう! その中でも、今回は特に悩んでいる人が多いであろう猫背にフォーカスして筋膜ほぐしを4つほどご紹介します。 しかし既に腰痛になっている方は、ストレッチポールを使用しても痛みが治るわけではありません。

18
使い方 ストレッチ ポール

反対側も同様に行う 上側の手はローラーのサイドに添えておくと、ローリングをサポートしやすいでしょう。 この猫背を改善すると、以下のようなメリットが出てきます。 おすすめのストレッチポールは、下記記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

8
使い方 ストレッチ ポール

痛いところがないか、歪んでいるところがないかなど、起きている時と横になった時では、感じ方が異なりますので、自分の気になる症状などを素早く探すことができます。

19
使い方 ストレッチ ポール

すると、深く呼吸をすることができ、脱力することができます。 動画は(1)~(9)までとなりますが、(3)の肩甲骨周りをストレッチする方法は1つの動画内で2つ紹介していますので、合計10種類のストレッチで構成されています。

2