戦争 僕 歌詞 の

【神聖かまってちゃん/僕の戦争】 歌詞の意味の解釈でした! 初めて最後の日本語歌詞聞いたときは下校時間に空襲があってそれが日常化してるって解釈してた。 その経験も含めて考えると、おそらく 「帰ったらまた明日が来てしまうから」帰りたくないのだろう。

3
戦争 僕 歌詞 の

自分の心次第だ、と。 だから <泣いていいよ今だけは>と言って悔しさをリセットし、明日を迎えるための課題としては一番容易な宿題に向き合う。 「来年もまた咲いてなんて」 そして最後に。

20
戦争 僕 歌詞 の

フルになると日本語歌詞も出てきて曲全体としての世界がまた見えるはずなので、フルもよろしく。 想像力が刺激される大好きな曲です。

18
戦争 僕 歌詞 の

1人きりはいつか終わる。 内面(my war)による死 「夕焼け小焼け逆さまに」 ではさっそく本歌詞に入っていこう。

9
戦争 僕 歌詞 の

戦争があれば必然的に平和も存在することになる。 その両者を掛け合わせた教訓が本楽曲には埋め込まれているのかなと。

2
戦争 僕 歌詞 の

それも自ら負けを認めている。

7