中学生 卒業 文集

ここはひとつ、難しく考えずに、文例を参考にしつつ、自分の想いを言葉にして、生徒へのメッセージを送りましょう。

16
中学生 卒業 文集

続けて楽しかったこと苦しかったことを交えて書くと、 より完成度が高く、読み手も同じ気持ちになって感情移入しやすくなります。 面白いことを書きたいという子もいるようですね。

6
中学生 卒業 文集

また、黒板を使って、クラスのみんなに対するメッセージを残すなども、クラスの一体感が強まり、卒業して久しぶりに会ったとしても、共通エピソードとして、ずっと心に残るものです。 3段階目 3段階目では、2段階目で書いた内容に対してさらに詳しく具体的に、その時の出来事を書くようにします。 ご卒業おめでとうございます。

17
中学生 卒業 文集

卒業おめでとう。 楽しみにね。

3
中学生 卒業 文集

ご両親様もさぞお喜びのことでしょう。 内容は「将来の夢」というように学級や学年で統一する場合もあるでしょうが、できれば自分で考えさせるようにしたいものです。 先生からの熱い言葉は、たとえ、その時には気が付かなくても、大人になるにつれ、思い出しながら、ずっと心に残っていくものになるのではないでしょうか。

13
中学生 卒業 文集

第三段落 もう一つの 「体験実例」、または「将来の夢」です。

20
中学生 卒業 文集

文明が進化し科学はどんどん発達しているのに、人の心は100年前からちっとも変わっていないそうです。 高校といえば、ばか騒ぎをしたとか、 昼ごはんを買うためにダッシュしたとか、 そんなどうでも良さそうな内容が面白かったりしますw 日常のささやかな内容でも 大人になって読み返したときに青春と感じるように なります。