記号 天気

しゅう雨又は観測時前1時間内に止み間があった雨,弱。 読める人は、一瞬で日本を囲む3000km四方くらいの空の様子を感覚的に捉えてしまいます。 関東甲信の夏の6~7月中旬までは梅雨前線の影響で梅雨に入ります。

5
記号 天気

『霧雨』の場合は、雨の黒丸の右下に、カタカナで『キ』と表記します。

20
記号 天気

5時40分におよそ5km以上の東方視界内にしゅう雨が降っているのを発見。

3
記号 天気

観測時に 弱。 例えば、 天気・気温・湿度・気圧・風なども気象に含まれます。 霧雪 78 単独結晶の雪。

11
記号 天気

着氷性の霧雨又は着氷性の雨があった。

15
記号 天気

池などの水面に波が立つ。 28 霧又は氷霧があった。

6
記号 天気

最近では、都市部を中心に、 大きな被害をもたらすことも多い、 ゲリラ豪雨も有名ですね。 予報範囲が狭い場合は記号のみとなる。

記号 天気

砂塵嵐(さじんあらし) ちりや砂が強い風によって強く空に吹き上げられる現象。 今の場面がドラマの始まりなのか、中盤なのか、クライマックスなのか。

記号 天気

風の表し方 風力記号は0~12の13段階あり、下のように線の数が風力を表しています。 前1時間内に濃くなった 36 弱または並の地ふぶき(眼の高さより低い) 37 強い地ふぶき(眼の高さより低い) 38 弱または並の地ふぶき(眼の高さより高い) 39 強い地ふぶき(眼の高さより高い) 40 遠方の霧または氷霧。 学術用・気象予報用の正式な地上天気図には、 WMO が統一基準を定めた 国際式天気図が用いられている。