は と ゴー チャレンジャー ツアー

「 …当委員会は、チャレンジャー号の事故を発生せしめるに至った根本的な原因は、ロジャース委員会が結論づけたような意思疎通や各種手続きの問題ではないと感じる。

7
は と ゴー チャレンジャー ツアー

ロジャース委員会はNASAに対し、シャトルが飛行を再開するまでに実行すべき9項目からなる改善案を提示した。

は と ゴー チャレンジャー ツアー

ニューヨーク・タイムズやは共に外部燃料タンクに生じた問題が事故を招いたと示唆したが、実際にはNASAの内部調査は早い段階から固体燃料補助ロケットに注目していた。

11
は と ゴー チャレンジャー ツアー

テレビ向けに全米生中継していたのはのみで、他には幾つかの局が生中継を流していた。 発射後に行われた発射台の検査においても機体を固定していたボルトの4つのキック・スプリングが見つけられなかったが、これも同様に原因となった可能性は否定された。 ご確認とご注意• に建つチャレンジャー号記念碑。

7
は と ゴー チャレンジャー ツアー

機体が発射整備塔を離れメインエンジン(SSME)の推力が104%に達すると、ケネディ宇宙センターの発射コントロール・センター(Launch Control Center, LCC)から、の内のミッション・コントロール・センター(Mission Control Center, MCC)に管制が引き継がれた。 グリーンは管制室に非常時手順の発動を命じた。

6
は と ゴー チャレンジャー ツアー

当初彼は予定どおり演説をすると発表したが、すぐに変更して教書を1週間延期し、代わりにの大統領執務室からチャレンジャーの事故に対する国家としての弔辞を読み上げることにした。 深刻さを増すばかりだった固体燃料補助ロケットの接合部の異常に対し、彼らは解決に向けて何ら決然とした行動を取れなかった。

は と ゴー チャレンジャー ツアー

残骸の回収 [ ] 回収作業は事故発生から初めの数分内にNASAの打ち上げ回収責任者によって始められ、NASAがSRB回収に用いる船を墜落海面に派遣することが命じられた。

3
は と ゴー チャレンジャー ツアー

情報デザイナーであるエドワード・タフテ()は、チャレンジャー号事故を情報伝達時に明確さが欠けた場合に生じる問題の例として用いている。 さらなる信頼性と戦闘力を身に付けました。

12