外伝 シーズン あらすじ オスマン 帝国 4

私皇女だし。 そんな中、スレイマン皇帝がうわごとで最年長の皇子ムスタファの名前を呼ぶ。

13
外伝 シーズン あらすじ オスマン 帝国 4

シーズン1-2まではヒュッレムが後宮の支配者になるまでの過程が描かれ、シーズン3-4前半はスレイマンの妹たちとの争い、そしてシーズン4後半は自身の息子を皇帝にするべく様々な策を張り巡らせていくことになる。 自分の出身に近いロシア方面ウクライナ出身であり明るい色の髪と肌を持つことにヒュッレム(史実では「ロシア女」を意味するロクセラーナという通り名が欧州では有名)は憂慮する。 壁画制作のためハティジェの屋敷に訪れていたレオはヒュッレムとすれ違う。

14
外伝 シーズン あらすじ オスマン 帝国 4

そんな中追放されていたはずのヒュッレムが宮殿に現れ、スレイマンは動揺する。 (カルロス1世として広大な植民地を抱えるも兼ね、「」と呼ばれたの盟主であった。

13
外伝 シーズン あらすじ オスマン 帝国 4

怒るイブラヒムの壊れっぷりが激しすぎて思わず吹き出すレベル。 私を操ろうとすれば仕返しがある」と釘を刺す。

外伝 シーズン あらすじ オスマン 帝国 4

ニリュフェルに代わって皇帝妃ヒュッレムに仕えていたが、マヒデブラン妃付きの女官となる。

11
外伝 シーズン あらすじ オスマン 帝国 4

マヒデブランとスレイマン ブルサには、ムスタファの母親のマヒデブランがいます。

16
外伝 シーズン あらすじ オスマン 帝国 4

12 後宮の毒 ヒュッレムは、皇帝の寝所に運ばれた毒入りデザートを食べてしまい、意識を失う。 スポンサーリンク. 第90話 無情な仕打ち タフマースブ王によりイランで幽閉されたバヤジトと息子たち4人のもとに勅使ヒュスレヴの命令で来たという軍曹が現れる。