1994 応答 せよ

ドラマで扱うには多少難しい素材だったが、軽く表現せず、また人々に大きな拒否感を与えることなく受け入れさせることができた。 入隊したヘテに続き、チルボンも日本で野球をすることに。

5
1994 応答 せよ

顔を合わせれば、常に言い争いが始まる。 チルボンは彼女の素直でのびのびした言動に好感を持ち始める。 会議がうまくいかない時は映画を見に行く。

1994 応答 せよ

そしてシフはコーヒークーポン券のスタンプを10回貯めるまで、このままの関係を続けようと提案、恋愛に疲れた2人の不思議な交際がスタートする。 脚本家たちと会議をしていたら、ふと「私たちは今何を考えているのか。

5
1994 応答 せよ

下宿のお父さん、お母さんと、大学生達が、家族のように心を寄せ合って暮らす様子に心温まります。

1994 応答 せよ

兄のように水入らずだが、ある瞬間皆をときめかせる決定的なスキンシップを披露するコミ、初登場からソン・ナジョンに関心と愛情を見せてきたチルボン ユ・ヨンソク を有力候補に上げたのだ。 内部ではどのように思っていたのか。

9
1994 応答 せよ

目元にクマがいっぱいできている。

13
1994 応答 せよ

彼女にとって実の兄のような幼馴染のオッパ、スレギ。 日本人、特にミモレ世代が共感するだろうなーと思うのは、『1994』で登場するポケベルでしょうか?公衆電話でポケベルにメッセージを残し、折返しでまたメッセージを残し…と今考えればものすごくまだるっこしいやりとりは、だからこそ思いが募るーーなんてことを甘酸っぱく思い出したりするに違いありません。

6
1994 応答 せよ

この記事は、2018年9月に視聴した「応答せよ1994」の感想を紹介したものです。

8
1994 応答 せよ

しっとりとした全羅道のなまりを駆使する女性芸能人はあまりいない。 このドラマ、ナジョンの夫探しだけでなく前回にも増してメインキャラ全員にしっかりとスポットが当たっていたと思いました。