死亡 ナルト

一部終了後はアニメオリジナルストーリー85話を挟み、二部からはタイトルを『NARUTO -ナルト- 疾風伝』に変更している。 一族を皆殺しにしたイタチだったが最愛の弟・サスケだけは殺せなかった。 戦闘の中、トビの面が割れ素顔が露わになりカカシは驚愕する。

13
死亡 ナルト

角都の優勢であったが、新術の修行を終えたナルト、ヤマト、さらにはサクラ、サイが合流。

5
死亡 ナルト

白の行動に違和感を感じていたカカシは、再不斬が生きていると見越してナルト達に修行を付ける。 その後、暁に脅威を感じていた五影達(火影・風影・水影・土影・雷影を合わせた総称)により、鉄の国で「五影会談」が開催される。 その本を見た長門は、昔の自分を思い出す。

19
死亡 ナルト

ハオリ 声 - 東内マリ子 カグヤの治める無限月読により一新された世界の民で、ハゴロモやハムラとも親しくハゴロモからは恋心を抱かれていた。

15
死亡 ナルト

しかし、これはあくまでも物質を転送するものであって、生物を転送するものではありません。 野望:兄・うちはイタチを殺すこと。 ブラミ 声 - 草隠れの里の下忍。

17
死亡 ナルト

中忍試験後はヨメとともに、故郷の近辺の北の国境の警備に就いた。 それに気付いた木の葉の上層部は、若いながらも達観した考えを持ち、平和を望むイタチをスパイとして一族に送り込む。 モモシキによると、カーマは消えたとしてもイッシキの情報は既にカワキの中に溶け込んでしまっているということです。

12